結婚式よりも感動!?はままつフラワーパークで行われた新入社員配属式

DATE : 2024.06.03
目次
2024年4月25日(木)に、はままつフラワーパークにて、弊社ライフプラン事業部の配属式を開催した。はままつフラワーパークは、静岡県浜松市にある観光型植物園である。これは、アイジーコンサルティングにとって初めての企画であり、パークにとっても民間企業の配属式は初の試みであった。花博(はなはく)が開催中で園内は賑わっており、一般の方々にも見ていただき、新たな歴史の1ページとなった。パークの理事長 塚本こなみ様の講談を含めた当日のプログラム内容や「配属式inフラワーパーク」を企画したきっかけ、参加した新入社員の感想などを記事でまとめていく。本記事は、「配属式inフラワーパーク」第1弾の記事として、当日のレポートを写真とともにお届けする。
この記事のPOINT
  • 感動を知ることが感動をつくる一歩目になる
  • 塚本こなみ様による講演会
  • フジの花に囲まれ、記念撮影
  • お昼ごはん争奪戦
  • 自分の可能性だけは、否定しないでほしい

「結婚式のような感動を」配属式いざ開幕

10時30分 セレモニー開始
本セレモニーは、「結婚式のような感動を」というテーマで企画されました。Japan Wood Project の取り組みのひとつとして余剰木材を活用して作り、はままつフラワーパークに寄付したベンチを用いて、バージンロードのような通路が作られました。先輩社員達の温かい拍手で新入社員3名が迎えられ、少々緊張した表情で入場。
入城の様子
フジの花で埋め尽くされた「虹のトンネル」を背景に設営
テントにも飾り付け
常務の立田さんからの辞令でも、まさに結婚式の神父様のような厳かで感動的な言葉が新入社員へ贈られました。3人もその想いに応える様に元気な返事を返してくれました。彼らにとっては、後にも先にもこれっきりとなる新入社員としての初辞令。3人にとって忘れられない思い出としてずっと残ってくれることを願っています。フジの花で埋め尽くされたアーチ「虹のトンネル」を背景に、配属証書の授与と決意表明の発表がありました。
配属証書授与

感動を追い求め続ける

女性初の樹木医、塚本こなみさんから学ぶ
続いてのプログラムは、はままつフラワーパーク理事長の塚本こなみさんによる「感動をお渡しするために」というテーマの講演会です。塚本さんの実体験である、あしかがフラワーパークでの巨大な藤の木の移植で樹木を救うまでの紆余曲折や、「感動」を追い求め動き続けてきた女性初の樹木医としての経験を拝聴。まさに「身体を張った」実体験に基づくお話しは、新入社員だけでなく社会人となって数十年を経たベテラン社員達にも、グッと胸に迫るものがありました。
はままつフラワーパーク理事長 塚本こなみさん
講演会の様子
講演会の後は、園内散歩。美しい植物の風景を見歩く癒しの時間…かと思いきや、チーム対抗のお弁当争奪戦企画でした!運営メンバーが指定した、パーク内に展示している植物を探し、写真を撮るという内容。ゲームの順位によって、準備されたお弁当のランクが変わるというシステムで、白熱の予感。新入社員含め、アイジーコンサルティングらしい和気あいあいとした雰囲気の中、チームごとにパーク内に散り散りにお目当ての植物を探しに出かけていきました。
ゲームの結果発表に続いて、絵の製作を行いました。描かれた木の枝の周りに社員全員で手形を押していきます。描かれたのは、満開の桜でした。最後に、新入社員3名が名前を書いて、完成です。配属式を彩る特別な記念品が出来上がりました。絵を作ったの後は、暖かい日差しと美しい草花に囲まれ、お弁当タイム。
充実した内容の配属式の全プログラムが終了。最後に、ライフプラン事業部長の林さんの言葉で締め括られました。


希望を持って出発しても、どうしても壁にぶつかり、伸び悩む日が必ずあります。そのときに、「自分は所詮こんなもんだ」と思ってしまっては、そこで止まってしまいます。「今は伸び悩んでいるけど、私はまだまだもうひとつ上に行けるチャンスがあるはずだ」と思っておくこと。自分が想像しているはるか上を目指し続けることが大切だと確信を持って言えます。なぜなら、私が入社した20年前のアイジーコンサルティングがいまこのような会社になっていることは私自身想像できていませんでした。未来に無限の可能性があると信じています。皆さんも自分の可能性だけは否定しないように、まだ想像できていない未来を描き続けていきましょう。

新入社員の心に残ったのは...

取材班 配属式を終えて、どんな感想をお持ちですか?

大場
花博開催中のという特別なタイミングで、先輩社員の皆さんが時間をかけて準備してくださった配属式を開いていただいて、感動しました。会社に馴染めるか、という不安も和らぎ、これからは、自分たちが感動を与える側になるという自覚も生まれました。とても貴重で暖かい時間だったなと思います。

この記事のまとめ

新入社員3名にとって社会人としてのスタートを特別なものとし、地域社会に貢献する人材に成長していくことを願い、今回はままつフラワーパークで開催された配属式。1日の流れをレポート形式でまとめ、お伝えした。次回、この配属式を企画するにいたった経緯とその裏側に迫る。「配属式inはままつフラワーパーク第2弾」もお楽しみに。

What’New

新着記事

仕事の面白さを現地で体感!高校生のフィールドスタディを開催しました-浜松西高等学校

DATE : 2024.06.18

「新たな環境へ飛び込む新入社員の不安を払拭 」メンテナンス事業部 参加型の配属式の企画の裏側に迫る

DATE : 2024.06.13

新入社員の新たなスタートを歓迎する メンテナンス事業部 配属式を開催

DATE : 2024.06.10
Ranking

人気記事

「家族と、のんびり&お得に過ごせました!」 マネージャーに聞く「リフレッシュ休暇制度」活用術

DATE : 2022.07.07

オープンエイト×アイジーコンサルティング オフィス改革プロジェクトの神髄に迫る!

DATE : 2022.10.10

社員の声で生まれた「F休(エフキュウ)」で、更なる働きやすさの向上を目指す

DATE : 2023.04.03