新入社員の新たなスタートを歓迎する メンテナンス事業部 配属式を開催

DATE : 2024.06.10
目次
アイジーコンサルティングには2024年4月に8名の新入社員が入社した。新入社員は、4月19日(金)まで本社研修を行い、その後、各部署に本配属となり新社会人としての第一歩を踏み出している。アイジーコンサルティングでは入社式とは別に、本配属のタイミングに併せて配属式を開催。配属式は、各事業部ごとに行われた。本記事は「メンテナンス事業部配属式」の第1弾として、柏店・東京事業本部が合同で実施した配属式の様子をお届けする。
メンテナンス事業部 配属式 第2段 配属式企画の裏側についてはこちら
ライフプラン事業部 配属式についてはこちら
この記事のPOINT
  • 新入社員の成長と活躍を願って歓迎の意を込めた儀式
  • 新入社員の緊張を解きほぐし、職場環境へ早期に馴染むことを促す
  • 社会人としての自覚と責任感の育成

メンテナンス事業部 配属式

2024年度、メンテナンス事業部には柏店・東京事業本部・厚木店・沼津店・浜松支店の5店舗に各1名ずつの新入社員が配属されました。
本社での研修を経て各店舗へ配属され、ここからが社会人の本格的なスタートです。期待と不安、緊張が入り混じった新入社員を温かく迎え、いち早く職場環境に馴染んでもらえるよう、歓迎の意を込めた儀式として各店舗ごとに配属式を行いました。
この配属式は、新入社員が配属される店舗の先輩社員たちが企画。今回は東京事業本部・柏店合同で行われた配属式の様子をご紹介します。
「歓迎の意を伝えたい」 先輩からの熱いメッセージ
司会進行は、各店舗の配属式 実行委員が務めます。
この日のために、配属式実行委員メンバーがオンラインで打合せを重ねてきました!「新入社員に喜んでもらえるように」新入社員歓迎セレモニーのスタートです!
東京事業本部には朝比奈さん、柏店には真継さん、それぞれ1名ずつ新入社員が配属されました。そんなお二人に入社5年目の先輩社員石野さんの熱く温かいお言葉から会はスタート。

石野さん 入社おめでとうございます!!!仕事が始まると、聞き慣れない言葉や初めての業務がたくさんあり、不安になることもあると思います。そんな時は上司・先輩を頼ってどんどん質問をしてください。必ず力になってくれます。もちろん、私も力になりますよ!気軽に声をかけてくださいね。これから一緒に働けることを楽しみにしています!

心をほぐす お祝いのケーキ

ケーキを食べながら食事コミュニケーション
続いては、新入社員の配属をケーキでお祝いします。

誕生日、結婚式…お祝い事には欠かせない食べ物といえばケーキですよね。 誕生日ケーキにたてるろうそくには、神様に願いを届けるため、子どもの健やかな成長を願うためという意味が込められているといわれています。願いごとをする風習は紀元前のギリシャですでにあり、ろうそくの火を吹き消すと煙が立ちのぼり、天にいる神様に届くようにとの信仰から来ているそうです。(※諸説あり)

二人の社会人としてのスタートを祝って、そして成長を願って…ろうそくの火を消してもらいました!
とてもステキな笑顔です!私たちは新入社員の皆さんの成長を楽しみにしています!
社会人生活で思い描いている夢・願いが叶いますように。

NGワードゲームでコミュニケーション

お腹も満たされリラックスムードになったところで、NGワードゲームで更に仲を深めていきます。
NGワードとは、単語が書かれた紙を自分が見えないように頭の上に乗せて、それを言わないように、他の人のにはその人の頭の上の単語を言わせるように話すゲームです。
今回は、「学生時代」「休日の過ごし方」の2つのテーマで行いました。
皆、初めは探り探りです。普段饒舌なAさんがなぜだか無口に…よし、あの人にNGワードを言わせるぞ!!ここでは先輩も後輩も関係ありません。ゲームを通して、自然と会話がはずみ新入社員のお二人との距離が縮まりました!!

学生から社会人へ

グループワークで社会人としての意識を高める

別井さん 今日から本格的に店舗の一員となる朝比奈さん・真継さんですが、急に意識を切り替えろ!と言われても腑に落ちないと思います。私自身、接客の部分で特に態度や敬語など、とても緊張していたことを覚えています。そんな経験がありましたので、前もって気持ちの準備ができるようこちらのワークを用意しました。
「学生と社会人との具体的な違いを言語化してみよう」という内容です。先輩社員の皆さんからも、アドバイスを出していただいたり、新社会人時代に戻って考えていただいたりなど、みんなで表を完成させましょう!

学生と先輩社員の違いは何なのか。「本業の目的」「責任の範囲」「お金」「身だしなみ」…など、様々な項目について、学生と社会人の違いを言語化していきました。
続いて社会人の欄で出た項目について、社会人としてとるべき具体的な行動を考えていきました。人それぞれの考え方・価値観の違いも見えてきて、新入社員だけでなく先輩社員にとっても良い気づきがあったようです。 改めて社会人としての自覚を持つ、良いきっかけとなりました。
写真が物語る、配属式を通して縮まったメンバー間の距離
最後に店長からの言葉で配属式は終了となりました。
はじめは緊張もあり堅かった表情も、すっかり和らぎ、メンバー間の距離が縮まったようです。先輩社員は新入社員の入社を心待ちにしていました。その歓迎の気持ちが新入社員の皆さんにも伝わったようです。
新入社員の皆さんが社会人として成長・活躍できるように先輩社員たちはサポートしていきます。

新入社員の心に残ったものとは

取材班 配属式を終えて、どんなお気持ちですか?

朝比奈さん 店舗への配属にあたって同期がいない店舗で働くと言うことに不安をとても感じていました。自分だけ取り残されたらどうしようなどと言う気持ちがあったのですが、今回配属式をしていただいて、温かく迎えてくださる先輩方がいてとても安心しました。ケーキを出していただいて私の名前があって嬉しくてとても温かい気持ちになりました。慣れていないこともありますが時間をかけて溶け込んでいきたいなと感じました。
配属式の中で学生と社会人の違いを考えるコーナーがあり、自分が社会人としての自覚をきちんと持てるきっかけにもなりました。
楽しいゲームもあり柏店と東京事業本部の皆さんとより仲良くなれてとてもいい機会でした。
これからこの先輩方と一緒に頑張りたいと思えた日でした!

真継さん 柏店の先輩方は自分を本当に温かく迎え入れて下さり、ケーキが出てき時には驚いてなんていい店舗なんだと率直に思いました。また、お互いを知るためのゲームを用意してくださったので楽しみながら店舗のメンバーがどんなメンバーなのか知ることができました。自分のイメージ通りの若くて活気があり、熱量が高いメンバーが揃っていると感じました。緊張して配属式に臨みましたが緊張する必要のないぐらい優しい先輩方だったので居心地が良かったです。

この記事のまとめ

メンテナンス事業部配属式は、新入社員にいち早く職場環境に馴染んでもらえるよう、また社会人としての自覚をもって仕事に励んでもらえるよう、新入社員の成長と活躍を願って歓迎の意を込めた儀式として行われた。新しい環境に挑戦する新入社員にとって、社会人生活の始まりとして、この日は特別な意味を持ち、心に深く刻まれたことだろう。次回、この配属式を企画するに至った経緯とその裏側に迫る。「メンテナンス事業部配属式 第2弾」もお楽しみに。

メンテナンス事業部 配属式 第2段 配属式企画の裏側についてはこちら

What’New

新着記事

仕事の面白さを現地で体感!高校生のフィールドスタディを開催しました-浜松西高等学校

DATE : 2024.06.18

「新たな環境へ飛び込む新入社員の不安を払拭 」メンテナンス事業部 参加型の配属式の企画の裏側に迫る

DATE : 2024.06.13

新入社員の新たなスタートを歓迎する メンテナンス事業部 配属式を開催

DATE : 2024.06.10
Ranking

人気記事

「家族と、のんびり&お得に過ごせました!」 マネージャーに聞く「リフレッシュ休暇制度」活用術

DATE : 2022.07.07

オープンエイト×アイジーコンサルティング オフィス改革プロジェクトの神髄に迫る!

DATE : 2022.10.10

社員の声で生まれた「F休(エフキュウ)」で、更なる働きやすさの向上を目指す

DATE : 2023.04.03