1年間で約25000件の住宅点検を実施。お客様の家を守っています。

DATE : 2022.07.11
目次
アイジーコンサルティングは1899年(明治32年)の創業以来、シロアリ防除そのものが使命なのではなく、木材保存を通じて住宅・環境・財産を守ることを使命として活動している。120年を得て、今では年間約25000件の住宅点検を実施。今回は、住宅点検を通じてアイジーコンサルティングが提供している価値についてメンテナンス事業部 責任者の山田部長にお話を聞いた。
この記事のPOINT
  • 創業の原点、「木材保存」と「社会課題の解決」は120年経った今も受け継がれている
  • 「予防」「劣化の早期発見」住宅の定期点検は住まいを長持ちさせるためには欠かせない
  • 「住まいは経年進化する」時が経つにつれて思い出も価値もアップデートしていきたい
  • 住宅のメンテナンスを通じて社会課題の解決へ、そして地球環境を守りたい
この記事に登場する人
山田 義成
株式会社アイジーコンサルティング
メンテナンス事業部長
1999年 入社。アフターサービス(旧 施工技術)として約6年間 活躍。
2015年よりアフターサービス課 課長を経て、2021年12月よりのメンテナンス事業部の部長に就任。

「お客様の住まいを守る」今ある家をより永く・より安全に・より快適に

アイジーコンサルティングの住宅点検・住宅メンテナンスの考え方とは?
山田

私たちは「お客様の住まいを守る」劣化を早期発見し、その住宅に適した予防処置を実施するために、定期点検を実施しています。

アイジーコンサルティングは、木材保存、社会インフラを守りたいという使命感の元、1899年にシロアリ防除会社の老舗として創業いたしました。
今日に至る120年の歴史の中で多くの住宅点検や保守メンテナンスに携わってきました。
日本の住宅平均寿命は欧米諸国に比べ1/3程度、わずか30年と言われています。スクラップ&ビルドの概念や家屋価値の低減など様々な要因がありますが、長年住宅メンテナンスに携わる中で、適切な住宅点検とメンテナンスがなされていないことがその要因であると私たちは捉えています。
屋根からの雨漏り、外壁からの雨水浸入による木材の腐朽・各部材の劣化や、床下の湿気による腐朽・白蟻の被害等・・・。
メンテナンスを継続し、早期発見・予防を施してきた住宅が、長きに渡り十分耐えることも実感しています。

訪問時の挨拶
点検内容の説明
外回りを点検
定期点検・住宅点検の必要性、そこに込められた願いとは
取材班

住宅点検の重要性とはどんなところにあるのでしょうか。

山田

本来住まいとは、安全安心な場所であり、建物やそこへの思いは、劣化するものではなく時とともに進化していくものである、これが私たちの行きついた理想で、作りたい住環境社会の未来です。

また住宅の基本性能は日々向上しており、SDGSの浸透と共に循環型社会への転換が進んでいますが、現実とはまだ大きなギャップがあると感じています。
その中で私たちは「住まいは経年進化する」という価値観を創り上げストック社会への貢献をしていきたいと考えています。

木材は、循環型資源です。再生が不可能な石油や鉱物と違い、再生が可能であるというすばらしい特質があります。木材保存、家を長持ちさせることは、限りある資源を守る・地球環境を守ることにも繋がっていると思うのです。

小さな事かもしれません。ただ1件1件の点検・住宅メンテナンスの積み重ねが、社会課題を解決し、地球環境を守る事につながる。住宅業界に従事している私達が、これからの地球環境やストック型社会の実現に向けてやるべき使命でもあると考えています。

取材班

メンテナンス事業部の使命はどんなところにあると思いますか?

山田

私たちメンテナンス事業部の使命とは、シロアリから家を守ることではありません。住まいををアップデートし経年進化させ、社会課題であるスクラップ&ビルドからストック社会へと変えていくこと、そして地球にやさしい持続可能な社会をつくること。

そのために住宅点検や施工の技術力と品質向上に努め、ビルダー様とともに皆様の大切なお住まいの価値を高めていけるよう、務めています。

「住まいは経年進化する」地域社会とともにあり続けるために

組織として大切にしていることは。
山田

まず前提として企業が存続し続けることです。これまで120年に渡り企業が存続し続けてきた背景には、ただ利益を追求するのではなく、「社会課題を解決する」「社会インフラを守る」という理念がブレることなく事業を継続してきたことにあると思います。
そして、社員が活き活きと働ける環境があること。仕事に対して自信と誇りを持てることも大切だと考えています。何かミスをした際に、そこでどう対応するか。真摯に向き合い、対応することができるか。成長したいと思える環境にあるか。ここも大切にしています。

また、お客様に対しても、お客様のために、喜んでもらうために「値引きをする」「欲しいと言われたものを提案する」のではなく、「どういった社会を創っていくことが一番お客様のためになるのか」を考えていくことです。もちろんお客様に喜んでいただきたいですし、満足・感動いただけるサービス・品質を提供することは大切です。
ただ「今」だけを見るのではなく、「未来」も見ていくこと。家を長持ちさせて、住まいをアップデートさせ、経年進化させていくことがお客様のためになると思っているのです。

私たちの仕事の価値はどこにあるのか。「地球環境を守る」というと、少し大きく言い過ぎかもしれません。ただ、イソップ寓話『3人のレンガ職人の話』に例えると、レンガ職人として「レンガを積む」のではなく、「壁を作る」のではなく、「後世に残る大聖堂を造っている」、その志を持っていたいですね。
定期点検・住宅メンテナンスを通じて、社会課題を解決する・地球環境を守る。その気概を持ち、日々進化し続ける。そんな企業であり続けたいと思います。

この記事のまとめ

アイジーコンサルティングが1899年の創業の原点である「木材保存、社会インフラを守りたい」という想いは120年の時を経て、継承され、更に進化していた。「住まいは経年進化する」という価値観のもと、お客様の住まいを守るとともにストック社会を実現し、地球環境を守る。メンテナンス事業部は今後もお客様・ビルダー様とともに進化し続けていく。

メンテナンス事業部 WEBサイトはこちら


What’New

新着記事

静岡県浜松市内の中学校で、職業講話イベントに参加しました

DATE : 2023.01.30

第1回 IGサミット開催 ~ビルダー様同士を繋ぐプラットフォーム~

DATE : 2023.01.26

静岡県浜松市内の中学校で、職業講話イベントに参加しました

DATE : 2023.01.23
Ranking

人気記事

オープンエイト×アイジーコンサルティング オフィス改革プロジェクトの神髄に迫る!

DATE : 2022.10.10

お客様から協業パートナーへ。FULLHOUSEと引っ越し業者メテオドリームの信頼関係。

DATE : 2022.10.31

「ieGress(イエグレス)」徹底取材!住まいのアフターマーケティングって何やるの?

DATE : 2022.06.26