社員参加型の自然体験「アイジーの森」が、2022年7月に開催されました

DATE : 2022.09.05
目次
2022年7月23日、2年ぶりに「アイジーの森」で社員向けイベントが開催された。 今回は合計12名が参加。当日の様子をレポートする。
この記事のPOINT
  • 子どもたちが「また来たい!」と口を揃える、その理由とは?
  • 植樹だけじゃない!森で過ごす1日とは?
この記事に登場する人
水野博
N.P.O.プレンティアの森 代表
1998年に活動を立ち上げ、浜松市を中心に自治体・地元企業の協賛という形で、里山での森づくり活動を推進。
参加した大人&こども
岐阜県・愛知県・静岡県から合計12名が参加。
森下真彦
株式会社アイジーコンサルティング 総務部課長
会社のCSR活動や社員のレクリエーションを推進している。
プレンティアの森活動の運営にも参画。
アイジーコンサルティングは、N.P.O.プレンティアの森の活動に賛同し、2009年から浜松市天竜区の市有林をお借りし「アイジーの森」として活動しています。
森の中での植林活動やアウトドアクッキングを通して、心身のリフレッシュにつなげようという目的で、年に2~3回、社員参加型のイベントを開催してきました。
 
▶N.P.O.プレンティアの森の活動とは?
https://365-plus1.forlong.jp/310  
 
コロナ禍でイベント開催ができない状態が続いていましたが、2022年7月23日(土)に2年ぶりに開催!
岐阜県・愛知県・静岡県から、大人・子ども合わせて12名が参加しました。
 
参加したお子さんが、口を揃えて「また来たい!」と大満足した、「森での1日」に密着しました。

冒険のはじまり

アイジーの森は、車が通れる道路から山へ入り、10分ほど歩いたところにあります。
森での活動に必要な道具も、各々が担当して運んでいきます。

通路は整備されているとはいえ、ちょっとした山道です。
バスを降りて、現地へ向かう
シイタケ栽培の原木が並んでいたり、
斜面と森の隙間を縫ったり、
流れる川と並走したり。
 
冒険のような雰囲気にドキドキしながら、細い通路を進んでいきます。

森の広場

到着したのは、森の広場。
森の中の開けたスペースを活用し、活動拠点にします。
活動拠点となる、森の広場
活動をはじめる前に、N.P.O.プレンティアの森・代表の水野さんから、森のこと、自然のことについてお話しがありました。
子ども達にも分かりやすい言葉でお話ししてくださるので、みんなしっかり聞いていました。
お話しされる水野さん
そのあとは、全員で「森のストレッチ」です。
森での活動は、日常生活とまったく違う動きをします。ケガをしないように、身体を慣らします。
森の中ではストレッチは、一段とすがすがしい

どんぐりの保育園

いよいよ植樹!・・・というわけにはいきません。
 
どんぐりの苗が元気に育つよう、少しだけ人間の力で整地します。
下草を刈ってスペースをつくり、丸太を並べて土留めをつくります。
いわば、どんぐりの苗の保育園です。
 
 
黙々と汗を流す人や・・・
地道な作業。パワーと根気が問われる。
適宜、気分転換をする人・・・
作業は、楽しむことも大切
思い思いに、マイペースで活動できるのも、アイジーの森の魅力です。

アウトドアランチ!

みんなが森の整地へ出かけている間に、森の広場ではお昼ご飯の準備が進められていました。
 
 
<この日のメニュー>
●カレースター・水野仁輔さんオリジナルレシピ「アーシーチキンカレー」
●焼きマシュマロ
 
輝くスペシャルカレー
水野仁輔さんは、浜松市のご出身。
N.P.O.プレンティアの森・代表の水野さんの息子さんです。
カレーを極めるために全国各地を飛び回る、カレー研究家です。
 
▶カレースター・水野仁輔さん
https://www.1101.com/curryproject/prof.html
 
▶「カレースター」を命名したのは、コピーライターの糸井重里さん!
https://www.1101.com/j_mizuno/
 
 
 
ご飯も、釜炊きでほっかほかです。
薪と釜で炊きあげられたご飯
こんなスペシャルカレーを、森の中で食べられるのですから、美味しくないわけがありません。
大人も子どももカレーに夢中です。
スペシャルカレーを堪能
カレーのあとは、調理後の残り火を使った焼きマシュマロのデザート!
自分で焼いて食べるマシュマロは、格別なわけで・・・
次々にマシュマロが口の中に吸い込まれていきました。

サワガニ探検隊

お腹も心も満たされ、そろそろ植樹活動再開かな・・・と、思いきや、
盛り上がりをみせる、サワガニ探検隊
子どもたちが一目散に小川へ突入!!
 
サワガニを観察したり、
流れる水を楽しんだり。
 
今日一番の盛り上がりをみせました。

「森んピック」開幕

つづいては、
「森んピック」と題した、森遊び選手権が開幕。
 
種目は、「シダ飛行機飛ばし」。
シダの葉を、紙飛行機のように飛ばす競技です。
 
 
まずは練習です。
より遠くまで飛ぶよう、風に乗せたり、射出速度を上げたり、工夫を重ねていきます。
飛ばし方を研究する選手団
 
そして本番。渾身の一投です。
ナイスフォーム!
 
大会終了後には、2022年度大会の優勝者へ賞状が贈られました。

チェーンソー体験

たっぷり遊んだら、森づくり活動の再開です。
 
午後の活動のスタートは、チェーンソー体験から。
植林の時に使うネームプレート用に、丸太からチェーンソーを使って切り出します。
 
専門家の指導・監修のもと、いざ入刀!
人生初のチェーンソーに、大人もドキドキ

どんぐりの苗を植える

すべての準備が整ったら、いよいよ植樹です。
午前中につくった「どんぐりの保育園」まで、協力して苗を運びます。
どんぐりの苗リレー
各々、植える場所を決めて、穴を掘ります。
スコップの使い方も手慣れたもの!
頼もしくスコップを扱っています
穴ができたら、苗をやさしく植えていきます。
仕上げに、先ほど切り出した丸太のプレートに名前を書いて、苗のそばに設置します。
次に来たときの目印にもなる、丸太プレート
2022年・アイジーどんぐり保育園は、こんな感じになりました。
無事に入園したどんぐりの苗
自然環境は厳しいもので、すべての苗が無事に育つわけではありません。
しかし、それも含めて「森づくり活動」なのです。

森での1日を振り返る

すべての活動を終え、森での1日が終わりました。
森の中で、いろいろな体験をした1日を振り返り、参加した皆さんに感想を聞いてみました。
取材班

 
森の活動、どうでしたか?

お子さん

 
楽しかった!

お子さん

 
また来たい!

お子さん

 
サワガニがいっぱいいて楽しかった!

取材班

 
大人の皆さんは、いかがでしたか?

大人の皆さん

・「アイジーの森」をもっと活用できると良い
・火の問題があるが、キャンプなどもやってみたい
・お客様を招待して、一緒に植樹体験できるといいかも
・この森を活用して事業創出できるのでは
・畑作業が趣味なので、植樹作業はとても楽しかった

それぞれに、森での1日を満喫し、いろいろな気付きや発見があったようです。
 
 
気付けば、家族の枠を越えて、参加者同士もすっかり仲良しに。
会社の中とはまた違った関係づくりにも繋がったようです。
この記事のまとめ

「アイジーの森」活動は、単なる植樹活動ではなかった。
プレンティアの森のテーマである「プレジャー&ボランティア」のとおり、自然体験を通して、人と自然との繋がり・人と人との繋がりを体感できる機会になっている。

What’New

新着記事

静岡県浜松市内の中学校で、職業講話イベントに参加しました

DATE : 2023.01.30

第1回 IGサミット開催 ~ビルダー様同士を繋ぐプラットフォーム~

DATE : 2023.01.26

静岡県浜松市内の中学校で、職業講話イベントに参加しました

DATE : 2023.01.23
Ranking

人気記事

オープンエイト×アイジーコンサルティング オフィス改革プロジェクトの神髄に迫る!

DATE : 2022.10.10

お客様から協業パートナーへ。FULLHOUSEと引っ越し業者メテオドリームの信頼関係。

DATE : 2022.10.31

「ieGress(イエグレス)」徹底取材!住まいのアフターマーケティングって何やるの?

DATE : 2022.06.26